<熱い思い> 岐阜の田舎から、住宅建築、農業にチャレンジ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PAL朝食会

 8月6日金曜日、月に一度のPAL研究会のモーニングセミナーに参加しました。

朝6時半多治見に集合です。

出かける前に、少し方付けたい仕事があったので4時に事務所に出勤し一仕事です。

5時半に事務所を出て多治見に向かいました。

講師は 医療法人 ブレイン 土岐内科クリニック
             医学博士 橋本 貴至 氏です。

 テーマ「医療崩壊の現実」 もしもあなたが脳梗塞で助かったら

PAL

朝早くから、40人以上が集まってのセミナーです。

以前にも医療崩壊のセミナーの参加した事があったのですが、

今回は少し自分自身、「死」について考えさせられる内容でした。

印象深かった話は、病院は患者と死ぬまでは付き合ってくれない、

病院がそうしたいのでなく、政府が医療費削減のために決めた方針があるためです。

「えっと」思われる方も多いと思いますが、こんな話をよく聞きます。

同じ病院は3カ月以上入院出来ない。

この理由は、医療点数と深く関わりがあります。

詳しく話すと長くなるので短く言うと、要するに

1人の患者に長く入院される病院は儲からないのです。

当然病院も利益を出さないと、閉鎖、廃院となります。

だから、出来るだけ早く退院、転院をしてもらって、回転を上げると言う事になります。

PAL

正直、恐ろしいですね。

しかし、これが現実だそうです。

もう一点は、人生の終末期をどう迎えるかです、

現在は自分で意思表示も出来ず、生かされている人も多く居るそうです。

意思表示が出来るうちに、自分の終末期をしっかりと考え意思表示をしっかりしておく事が大切だそうです。

人気ブログランキングへ


人気ブログランキングへ




    
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

早川 和男

Author:早川 和男
1996年 県立中津川工業高校を卒業後
2年間 愛知県内にて仕事、人生の就業の後
家業を継ぐため、連れ戻され
2010年 若干32歳で
早川建築㈱代表取締役社長に就任
素晴らしい、社員、友人に囲まれ

岐阜 中津川から夢に向かって一直線!!

日々試行錯誤です!!!

最新記事
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
応援よろしくお願いします!!
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。